2011年6月29日(水) : 今日の就活、面接合格の極意は、2011年3月1日掲載の読売新聞、就活ONの紙面、「人事の眼」住友商事人事部長 遠藤貴也さん 49歳が語る

  • ・・・・・ここから引用・・・・
    旺盛な好奇心や探求心、挑戦心、あきらめない意志を持ち、勉学を怠らず自分で考える習慣がついている人、いろんな経験を積んできた人には魅力を感じます。
    会って話すことがビジネスの基本です。採用でも面接を重視しており、エントリーシートは選考の材料にしていません。社内講座でいくらでも知識は得られるので、語学や資格などは一切問いません。
    ・・・・・ここまで引用・・・・

  • (2011年6月30日(木) 午後10時16分17秒 更新)
  • このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

もう一度言えば、キーマンになる面接役員は「営業スキルは研修で教えることができる」と思っているわけですから、知っているスキルを、得意になって話してはダメ。
あなたが考えた解決策、発想を話して、重きを置くのは販売に取り組む意欲、あきらめない精神を伝える。

この情報は、受験者にとって、ありがたい、就活、面接の試験問題を教えてくれている、答えを教えてくれているようなもの!

■例えば、「郊外に売れ残ったマンションを、どう販売したら良いと思いますか」と質問されたら、あなたは「どのような回答を準備しますか」
1「解決策」を話して営業スキルのあることを伝える
2「あきらめない精神、目標を達成する意欲」を伝える

正解は2です。
・・・・・ここから引用・・・・
旺盛な好奇心や探求心、挑戦心、あきらめない意志を持ち、勉学を怠らず自分で考える習慣がついている人、いろんな経験を積んできた人には魅力を感じます。
会って話すことがビジネスの基本です。採用でも面接を重視しており、エントリーシートは選考の材料にしていません。社内講座でいくらでも知識は得られるので、語学や資格などは一切問いません。
・・・・・ここまで引用・・・・
これは、大企業の住友商事さんだから言える。凄い、欲しい人材の核心をズバリついている。
多くの企業の人事担当者の本音を代弁しています。
この情報は、受験者にとって、ありがたい、就活、面接の試験問題を教えてくれている、答えを教えてくれているようなもの!

もう一度言えば、キーマンになる面接役員は「営業スキルは研修で教えることができる」と思っているわけですから、知っているスキルを、得意になって話してはダメ。
あなたが考えた解決策、発想を話して、重きを置くのは販売に取り組む意欲、あきらめない精神を伝える。

何故なら、営業に絶対はない、あなたが受験する企業のトップセールスが、ベストの提案、満点の行動を行っても、契約の成功率は三割だ。
だから、解決策を得意げに話してはダメ、さらには営業スキルを体系的に理解しておくことは重要でも、スキルを深入りして話してはダメ、そのスキルに取り組む意欲を伝える。

更新情報

Calendar.

2011年6月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
このページのトップへ